外を歩く人の服装が秋冬らしくなってきましたね

NEWS

外を歩く人の服装が秋冬らしくなってきましたね

10月も後半になりました。つい最近までは残暑が…と感じていたのがウソのように一気に風が冷たくなり、外を歩く人の服装も秋冬らしくなってきましたね。

秋や冬がどんどん近づいているのを肌で感じながら過ごしていると、まだ10月の後半だというのに一気に年末になってしまったかのような錯覚を感じますよね。

そんな急な温度の変化に対して、ニュース欄でも軒並み寒くなっていることに触れている中、一つだけ秋の味覚に触れているニュースが目に入ったので、今日は紹介したいと思います。

秋の味覚といえば、栗やサツマイモ、サンマなどいろいろありますが、皆さんはどれが一番お好きですか?少し前までは秋の味覚に関係したお菓子やパンなどがちらほらある程度でしたが、最近になって一気に増えたことも考えると、一気に秋が深まったということで、秋の味覚を毎日楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか。

ニュースで話題になっていたのは、そんな数多くある秋の味覚の一つ、キノコ。キノコといえば、今では栽培方法がしっかりと確立されているおかげで、一年中365日いつでも店頭に並んでおり、好きな時に食べられるものというイメージが強いですよね。ですが、実はキノコの旬といえば秋。

特にわかりやすいのがマツタケですが、高級食材の代表ともいえるマツタケを使ったメニューはあまり店頭の総菜コーナーでも見かけることがないので、特に最近はキノコの旬というのを知らない人も増えているようです。

そんなキノコの旬の秋ですが、ニュース記事ではキノコの分類について紹介していました。

キノコといえば菌類で、それ以上でもそれ以下でもないというイメージがありますが、実はそんなことはないのだそうです。

同じように生えているキノコの中にも、大きく分けて2種類のキノコがいるということで、今日はそれを紹介してみたいと思います。

そもそも、キノコは主にどういった場所に生息しているのか、皆さんはご存じですか?最近は自宅で手軽にキノコを栽培できる、キノコ栽培キットというのが売られていることもあり、キノコは木に生えていると思っている人もいるかもしれませんが、実は細かく言うとキノコは木に生えているものばかりではありません。

まず、大きく分けた場合に、キノコがどのように分けられるかというと、腐食性と菌根性に分けられるそうです。どちらもキノコらしい名前ですが、その性質の違いは育つ場所と環境なのだそうです。

腐食性は、腐るという文字が入っていることもあるように、倒木や落ち葉などの腐葉土のできやすい環境において良く育つものなのだそうです。シイタケやエノキ、そしてブナシメジなどの味のしっかりしているキノコ類がこの腐食性に分類されるようです。

そして、菌根性と呼ばれるキノコ類が腐食性のキノコとは逆に生きている木の根に根付くタイプのキノコなのだそうです。つまり、元気な木の根に生えて木と共生しながら育っていくキノコなのだそう。

こちらは高級食材としても有名なマツタケや、ホンシメジが該当するそうで、どちらかというと貴重で比較的数が少ないキノコが菌根性なのかもしれないなという印象でした。

キノコといえば、菌活という言葉があるほど健康にもよく美容にも良いことで有名です。ですが、食べ物や栄養などできれいを目指してもできることには限界がありますよね。特に、ムダ毛処理などは、外側からの対処が必要です。

だからこそ、自分で行うムダ毛処理よりも肌への負担が少なくきれいに仕上がる、プロフェショナルのムダ毛処理をアンベリールで体験してみませんか。女性だけでなく清潔感にこだわる男性も施術を受けていただけますので、まずはお気軽にアンベリールへいらしてみてください。

海老名店

営業時間/9:00~21:00 店休日/祝

中央林間店

営業時間/9:00~21:00 店休日/日祝

海老名店

046-216-8236

中央林間店

090-9950-8966